システムエンジニアは文系でもなれますか?
と質問する文系学生は多くいます。

最近の急速なIT化によってシステムエンジニアの活躍する場面が多くなってます。
なので、理系学生だけでなく文系学生にも人気職業の一つになってるみたいです。

どうも、シスニアのTAKAです。

今回は、文系学生がシステムエンジニアになれるか?
という質問についてコメントしたいと思います。

まず最初に結論ですが、はっきり言います。

文系でもシステムエンジニアになれます!

実際、私の職場でも文系出身者は結構いますし、
役員クラスまでいってる人も多くいます。

結局、なる/ならないは、当人次第です。

確かに理系の方が最初は有利だと思いますが、
仕事を通して実務経験を積んでいけば、文系出身者でも全然問題ありません。
(体で覚えていく感じですね)

大事なのは、目の前にある課題・問題を着実にこなしていくということです。

例えば、文系出身者がよくぶつかる「プログラムがわからない」という課題は、
人に聞いたり、調べたりして、わかるまでやり抜くということが大事です。
そうすれば、次回同じような課題にぶつかったときに、確実にできるようになってます。
反対に、理系出身者でもプログラムをやってなければ、できなくなります。

この「わかるまでやり抜く」という意識は、社会人としてどの業界でも必要だと思いますし、
これができる人はどの業界いっても強いです。

少し話が外れますが、「頭がいい=仕事ができる」は違うとよく言いますが、
これにも同じようなことが言えます。

私の会社も頭がいい先輩・同僚・後輩はいますが、システムエンジニアは職業柄、
多忙になることが多いためうつ病になる人が多くいます。
そうなると、いくら頭が良くても意味がないですよね。
辛抱強く、与えられた仕事を着実にこなしていく強い気持ちが何よりも重要です。

大事なプロジェクトのリーダーを任せる人を決める場面でも、役員クラスからは、
「こいつはプロジェクトを任せても潰れないやつか?ちゃんとやり抜けるか?」
という風に聞かれます。

決して、「こいつは頭がいいか?」と聞かれることはありません。

一つアドバイスとしては、大きな企業の方が社内研修が充実しているので、
プログラミングやデータベースなど、理系大学で勉強するような内容を
会社に入って受けることができます。

どんな社内研修をやってるか、
就職前にその会社について調べるといいと思います。

ということで、あきらめなければ、文系出身者でも絶対システムエンジニアになれますので、
是非頑張ってください!